ブログトップ

ikeda hachi

nananan302.exblog.jp

ジョルジョ・モランディ展

e0245079_21174270.jpg

ジョルジョ・モランディの作品展に行って来ました。
ずばり、知りません。

知人が良かったよと言っていたのと
今年は、気になる展示があればできるだけ見にいく!と思っていたので
早速、行ってみました。

お気に入りの瓶や陶器の静物画を何度も描き続けた画家らしい。
同じモチーフで何回描くねんってくらい描いてはった。
構図や他のモチーフに合わせてそのモチーフに自ら色をつけたり
構図を忘れないように、何度も机に鉛筆で印を付けていたり
同じ構図で光の入り方を見るために
ずっと窓を開けたり閉めたりしてたらしい。

モチーフの埃ですら作品にしていて
埃も含めて目に見える自然なものを生涯描き続けたそうです。
目に見えるものを描くことは私は難しいと思うけど
彼はそうではないようです。

気になったのは、
モチーフ同士の重なりのアウトラインと
あえてらしいけど、1枚の絵の中にモチーフが密集してたこと。

絵を見ていて、優しい暖色系の色を主に使っているのに
なぜか寂しい感じがしました。
1枚だけで見ると何の変哲もない静物画やのに
何枚も見ると不思議な絵に思えてきました。



それと、前にチラシを見て「おもしろそう!」と思った版画展が
たまたま同じ場所で展示されていたのでついでに見ました。
その名も「版画オンパレード」

谷中安規の作品の紙にまず目がいったけど
ぺらっぺらすぎてびっくりしました。
トレーシングペーパーのような感じ。
後であった解説によると、立体感と線をはっきり出す場合に使ってたらしい。

版画オンパレードの中で
このタイトルで大丈夫?というようなタイトルが何点か…
笑ってしまった。

がっつりやったことはないけど
線とか配色がかなり簡潔やから
頭使うのとセンスがかなり要る気がする。

木版画は生で見ると木目が見えるのがいいですね。



e0245079_21175173.jpg

この電柱は近々、撤去されるらしい。
そのお知らせ。

「いえいえ、そんなこちらこそ!」って感じ。
この辺の住民じゃないけど。



[PR]
# by i_1234567 | 2016-01-10 21:55

2016

e0245079_22162144.jpeg
新年あけましておめでとうございます。
昨年は雑貨中心だったので今年は絵をたくさん描く年にしたいです。
あと、ブログじゃなくてサイト作りたいな

e0245079_22182371.jpeg

ついこないだ少しだけ納品したお猿のぽち袋が
新年早々、在庫なくなったようです。
2016年、出だしは良い。

本年もよろしくお願いいたします


[PR]
# by i_1234567 | 2016-01-02 22:16

OBOG展「だれか来る」

e0245079_10524836.jpeg

京都嵯峨芸術大学OBOG展が終了しました。
「LIFE」という言葉がテーマの展示でした。
生きてて、ライフというワードについて今まで考えたことなかったのですが
解釈が幅広いので考えやすいテーマではあったかなぁと。

私が描いたライフは
人は生きていくなかで、なにかを見て経験していろんなものを身につけて継接ぎされたものの塊からできているなと思いました。
塊の一部は目に見えないものもあるし、好きなものも嫌いなものも全部が自分を覆っていて
それを武器や道具として利用して人は生きていこうとしてるような気がしました。

私は、それを防御に使っていて塊からなかなか出てこない。ふと、誰かの気配に気づくとノブのない扉を少し開けて外の様子を伺う。

そう考えていたら、今の住んでる家はその塊に近いもののような気がして、住まいと近辺をイメージして継ぎ接ぎされた塊を描きました。
(あ、今の家にドアノブがないわけではないです)

住んでるこの辺一帯は、好きではなくて
唯一好きなところを少し入れました。
雨上がりの夜の、高いところから見る街も好きやけど
そこは入ってない

e0245079_15112156.jpeg
モノクロってなんかズルいな

[PR]
# by i_1234567 | 2015-12-21 10:52

ペンケース

e0245079_23250720.jpeg

カワチ画材さんのサンプル用に
ペンケースにペイントしました。
好きな配色です。
どこ見てるんやろう


e0245079_23275617.jpeg

ちなみに鼻塗る前。
なんのために丸いものをフエルトで作ったのか記憶にないけど
洋裁ケース内をガサガサしてたら見つけた白い物体を鼻にしてみました。

こっちは、ちゃんとカメラ目線です。


[PR]
# by i_1234567 | 2015-12-14 23:24

京都文化博物館

京都文化博物館に搬入に行って参りましたが
先生とか先輩後輩を見ていると怖気づいてそのまま帰りたくなりました。
私はこんなんで良いのか

周りの人みたいにずっと一生懸命に絵を描いてきたわけではないし
他人と比べてもしょうがないけど
堂々としてればいいんやけど…

雑誌に載っててすげーと思った後輩にあたる方
作品は知ってるけどあったことなかった方と少しだけお話ができました。
気になる人には猛烈な視線を送ってしまうようで
むっちゃ見るから不審がられてた。(ような気がする)

2008年に卒業して以来会ってなかった同級生と久しぶりに会ったら、私のこと覚えててくれて
止まらんくらい喋って笑って楽しかった。

まだ絵を描いてる同級生がいて嬉しいこと
制作をする側として感じることとか思うことが似てたこと
自分は何してるんやろうと思う時があること
でも、先生が「とりあえず描いてたらいいねん」って言ってたって言ってた
卒業する時に、作ることの楽しさを忘れないで下さいって言ってたこと
同級生と話しててなんかいろいろ思い出しました。

美大の生徒やからか、ただの搬入の作業中やのに
発言とか発想が結構面白くてニヤニヤしてた。
先生も面白い。

今日の発言のベスト1

壁をコンコン叩きながら耳を当てて
釘を打つ位置をずっと探してるの人たちの1人が
「木のお医者さんみたいだ」と言いながらコンコンしてたこと



e0245079_21483221.jpeg

展示風景 遠目から

[PR]
# by i_1234567 | 2015-12-14 21:47